オプション忍者による日経225オプショントレードの実践ブログです。

ピボット分析

7/19ピボット

大幅に昨日ポジションを入れ替えておいたが 基本的にはここからあまり動かずにゆったりと待機させていく。 焦ると利益にひっくり返らない可能性があるが どれだけ焦ってもすでにポジションが固まっているので 損失を出して翌限月から大きな利益が獲れる下地を作っていく。…

7/18ピボット

コール売りをうわ抜いていっている状態。 あとはコールをどうしていくか。 2枚切ってプットを引き上げる、ということ以外選択肢はない。…

7/17ピボット

このままポジションは待機。 このまま22250SQとなったとしても-7.5万。 放置して売り玉の半ん以内で終わってくれれば何もしなくても利益となる状態。…

7/13ピボット

なんとか7月限は範囲内で終われそう。 これで2018年7か月連続利益で損失月無し。 買い玉を多めに仕込んでいる状態で安全第一で継続していく。…

7/12ピボット

プットのリスク二枚をどうするか非常に悩むところ。 明日のSQ値頼みにするか。 ただ、下落してきたときは期先プット買いの伸びを手当てして放置してカバーをすることはできる。 それを今朝行うか、明日のSQ値を見てから行うか。 さぁどうするか。…

7/11ピボット

22375~21875の500円内で終わってくれれは御の字。 こうすれば一切今のポジションから動かす必要がない。 そのまま8月限へなだれ込めるのが理想。…

7/10ピボット

プットを一枚にまとめつつ8月限プットセットを組んでいく。 ここはあまり欲張らずに対処していく。 8月限でのポジションを作り直していく。…

7/9ピボット

プットを引き上げてすんなり8月限に移ろうか悩みどころ。 じっくりとただただ待つのも手。 ただ7月限内でどうにかする必要はない。 8月限はこのままいけばかなり有利な状態から組める。…

7/6ピボット

無理をせず待機継続させていく。 ここ数か月うまくいきすぎのしわ寄せが今限月にきているが それをこの程度で納めることができれば御の字。 新規会員の方は公式数字より40万程度利益が多いはずだが配信通りのサイズバランスを守ってほしい。…

7/5ピボット

この価格帯でのSQだと非常に楽に終わることができる。 7月限で大きな利益はあきらめて8月限への綺麗なつながりと長い目での利益を優先させる。 と言いつついつも利益にひっくり返るが自戒の意味も込めて無理をしない。…

アーカイブ