オプション忍者による日経225オプショントレードの実践ブログです。

ピボット分析

10/5ピボット

このままの価格帯であれば万事オッケー。 綺麗に11月限に移行するためには20500あたりでSQだとベスト。 じっくりと時間の経過を待つ。…

10/4ピボット

上昇には強い状態を作れている。 あとはいかに綺麗に11月限へ移行できるかがカギ。 逆に続落にケアを厚くし過ぎているのが翌限月にどこまで影響するかが微妙なところ。 ただ悪いことではない。…

10/3ピボット

ここまで一方通行に走るのであればポジションの入れ替えが必要。 大幅に入れ替えて固定させたい。 あまり利益額は気にせず固定させるほうを優先させる。 …

10/1ピボット

ピボットが急激にせばまってきている。 上昇に関してそこまで気にしていなかったが20500を超えてくるとどうか。 ある程度の対処は必要か。 その際はコール売りを一気に20500までどう飛ばすか。 あと二週間どうなるでしょうか。…

9/29ピボット

待機継続。 一番楽な価格帯でのもみあい。 来週以降早めに11月限を組むことも検討する。…

9/28ピボット

上にはコンマ5枚分のリスクなので上昇はほぼ大丈夫。 あとはいかに丁寧に利益をキープしながら安全なポジショニングを保つか。 期間の短い11月限への移行もスムーズに済ませたいところだがまずは目先の利益を固めることを優先する。…

9/27ピボット

プットをサイズダウンさせて引き上げているのでこれで良い展開。 20000以下になってくると先物損失が発生してくるもののプット買いの期先の伸びのほうが大きくなる可能性もある。 上下ともに余程の乱高下とならない限り利益は固い展開を維持できている。…

9/26ピボット

下落への備えを作っておくか迷うところ。 今のポジショニングではガツンと下落してきたときの利益が大きく目減りする。 それを利益を捨てて固めに行くほうが確度が高い。…

9/25ピボット

転換線19900あたり。 ここまでは一気に下落してくることは容易なことでしょう。 ガツンと下がってくるのを警戒すべきところ。 19500の買いをどこにもっていくか。 そこがポイントとなっている。…

9/22雑感

待機継続。 特に動く必要はありません。 じっくりと時間の経過を待てば勝手に利益になる状態です。…

アーカイブ