オプション忍者による日経225オプショントレードの実践ブログです。

ピボット分析

10/16ピボット

久しぶりにゆったりとしたポジション。 このまま待機でSQまで持ち込めれば最高の展開。 あとはここから何回転させるかどうかがポイント。…

10/15ピボット

グッと広がったピボット幅。 一気にS"2まで下落した後一旦もみ合っている。 また基本ポジションから作り直していきます。…

10/12ピボット

SQは大荒れとなってきた。 ここから年内20000キープできるかどうか。 一旦全ポジションを切る方向で考えている。…

10/11ピボット

まさかのプット売りがインザマネーという展開。 ラスト1日なのでこのままなだれ込む。 完全にすべてが消えたところから仕切り直し。…

10/10ピボット

どこまで買い玉が残ってくれるか。 SQ値頼み+期先買いの伸び頼み。 期先への移り方は楽にいきそう。 問題は期近の損失がどの程度で納まるか。…

10/9ピボット

おおきくゆったりと構えていけるように11月限へのつなぎ方を優先する。 まずは10月限あと3営業日をいかにしのぐかですが ここへきてバタついても仕方ない状態。 コールを引き下げてまた反騰にあうことを避ける。…

10/5ピボット

結局追証になるまで我慢しておけばよかった という展開。 ただそこまで引き付けるのは現実的ではない。 コールを回転効かせる。…

10/4ピボット

まだまだ二週間あるもののこのあたりで待機。 一年に一回は訪れる息詰まる限月は10月限となり ここを乗り越えるとまた利益を作って余裕のある取引へ戻っていく。 長い目で継続的な利益を出すためにはこんな時にどう振舞うか大切。…

10/3ピボット

大きく遠くに飛ばした。 一旦のんびりできる日が欲しいところ。 この感じだと綺麗なプットセットが11月限でできたばかりではあるがどうか。…

10/2ピボット

大きいながれの上昇トレンドがどこまで継続するか。 このままどこまでプットを引き上げるかがポイント。 急落時に困らないポジションのほうが大切か。…

アーカイブ