オプション忍者による日経225オプショントレードの実践ブログです。

無題

ピボットのR2をこれだけ大きく上抜いてくと言うのは極めて珍しい展開。
それほど急騰の勢いがあったということだろう。
それほど出来高が充実していたわけではないのだが、2万円を目指していた時も5万枚程度の出来高で切り上げていったのでそれを考えれば十分だろう。

天邪鬼的だが私はこのあまりに急角度な上昇がキナ臭くて仕方ない。

こういったボラティリティが低くて上昇しているときに慌ててプットを売りこんでいると致命的な破たんの元なので十分ポジションのサイズには注意してほしい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ