オプション忍者による日経225オプショントレードの実践ブログです。

無題

IB証券のチャートだと同じ設定でも多少チャートの表現が変わる。
取引上限枠の関係上どうしても日本の証券会社でオプション取引を行うことは無理なのでIB証券しか使っていないが、十分このチャートで機能する。

オプション取引で正直チャートはいらないくらいだがどの値段帯を意識しておけばいいか、ということが一番大事なので大まかにとらえる上でもこの一目均衡表が一番便利だ。

おおよその価格帯やその理由等を日々書きながら、何を参考に取引を行っているのが書いていきたい。

今日であれば基準線にあたるラインが19820円。
ここを割り込んでくるかどうかがポイント。
ここを割り込んでくるあたりでは遅行線がチャートを下へ割り込んでくるので極めて続落可能性が高くなる。

個々で設定をいじってみると分かると思うが全く同じ設定にしてみると日本の証券会社のものより全てのラインがやや早い動きをしていることが分かる。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ